Warning: Use of undefined constant WPCF7_VERSION - assumed 'WPCF7_VERSION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/forestone-chiba/www/wp-content/plugins/contact-form-7-add-confirm/modules/confirm.php on line 51

Warning: Use of undefined constant WPCF7_VERSION - assumed 'WPCF7_VERSION' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/forestone-chiba/www/wp-content/plugins/contact-form-7-add-confirm/modules/back.php on line 57
今でも色褪せない『ジャンプの黄金期』を彩った名作3選! | ForestoneはWebサイト構築事業,WordPressのテーマ・プラグイン開発,テーマ販売をする会社です!

ドラゴンボール」や「スラムダンク」、「キン肉マン」に「幽遊☆白書」。

マンガ史に燦然と輝く伝説級の名作の数々が、一冊の雑誌にまとめて掲載されていた黄金の時代がありました!

1982年くらいから1995年くらいにかけてのこの時期は、「週刊少年ジャンプ黄金期」と呼ばれ今も語り継がれています。

今回は、有名作がひしめきあっていたジャンプ黄金期を彩った筆者オススメの3作品を猛烈プッシュしちゃいます!

ジョジョの奇妙な冒険

最後の1作は、荒木飛呂彦先生の「ジョジョの奇妙な冒険」。

1987年に第一章「ファントムブラッド」が始まり、現在も第八章「ジョジョリオン」が連載されている伝説級ロングラン大作です。

第一章「ファントムブラッド」と第二章「戦闘潮流」は、波紋と呼ばれる特殊なパワーを使って吸血鬼や究極生命体と闘う、正義の魂のサーガ。

第三章以降では、スタンドと呼ばれる特殊能力を持つキャラクターたちが、世界を守るためや己の信念を貫くために闘う物語へと進化していきます。

ゴゴゴゴゴゴ」や「ズギュゥゥゥゥン!」といった独特な擬音が圧倒的に印象に残ることでも有名です。

荒木飛呂彦のストーリーテリングは漫画界でもトップクラスの巧妙さで、一度読み始めたら次の展開が気になりすぎてやめられなくなります。

シリーズ全てを合わせると膨大なボリュームなので、長くじっくり楽しめるマンガを読みたい人に断然オススメの超名作です。

ろくでなしBLUES

まずは、ヤンキー漫画ブームの先駆け・ろくでなしBLUESです!

作者の森田まさのり先生は「ROOKIES」や「べしゃり暮らし」などヒット作を連発しますが、その実力を磨きあげ完成させたのが「ろくでなしBLUES」でした。

主人公・前田太尊はプロボクサーを夢見る高校生で、ケンカの強さは東京トップを競うほど。

そんな太尊が、東京中のヤンキー達や高校生プロボクサーを相手に大暴れする王道不良ストーリーが、森田まさのりのバイタリティ溢れる荒削りな筆力で描かれます。

荒削りとは言っても、画力はデビュー当初からかなりのもの。
スタイリッシュかつパワフルな男の戦いは圧巻です!

シティーハンター

続いては、北条司先生の「シティーハンター」。

新宿の街でボディガードや暗殺、探偵などを請け負う「スイーパー」を生業とする冴羽 獠の物語。

アニメ化や劇場作品化もされた、超有名作ですね。

序盤はかなりハードボイルドで、悪い奴は容赦なくガッツリ殺しちゃいますが、次第にコメディパートやお約束が盛り込まれポップな路線に移っていきます。

全編を通して、鮮やかなガンアクションと美女たちと、何より冴羽のカッコ良さに溢れているのが最大の魅力です!

アラフォー男性なら知らない人はいないであろうほどの有名作である「シティーハンター」ですが、何とも意外なことにラストは突然の打ち切りで幕を下ろしました。
ジャンプ黄金期の熾烈さが窺えますね…。

しかし、連載終了が唐突すぎたために作者に「描ききっていない」という想いが強く残り、のちにリメイク作品「エンジェルハート」が執筆されることになります。

「エンジェルハート」はシティーハンターの設定を多く引き継ぐものの、完全に続編ということではなくパラレルワールドのような関係。

シティーハンターの頃からのファンにはショッキングなストーリーですが、辛い思いをしてでも読む価値のある名作であるとここに断言します!

今も漫画ファンたちの間で燦然と輝き続けるジャンプの黄金期。
今回おすすめした3作以外にもド名作がたっっっっっくさんあります!

今も語り継がれるテッパンの名作たちを、ぜひ楽しんでくださいね!

読んでくださりありがとうございましたー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください